FC2ブログ

世界の最先端では既に糖尿病は治っている!糖尿病完治とは何か?

ちはっす。突然ですが、糖尿病の皆さんは一度は「できるなら糖尿病を完治したい。」と思ったことがあるのではないでしょうか?時々、当ブログで話題にしますが、その「糖尿病の完治」とは一体どのような状態になることでしょうか?病気や怪我というのは、何でもそうですが、患者の気持ちはすべて同じで、「元の健康な状態に戻りたい。」という、ただそれだけのことです。腕を骨折して動かないのであれば、骨がくっついて元の様に動...

続きを読む

2型糖尿病・高齢患者の血糖コントロールは高強度筋トレで改善する

ちはっす。ここんとこ続いている「高齢者シリーズ」の第3弾です。今回は、米国糖尿病学会の学会誌に掲載された論文をご紹介します。High-Intensity Resistance Training Improves Glycemic Control in Older Patients With Type 2 Diabetesこれを読んで驚いたのですが、この論文は2002年に掲載されているので、今から16年も前に既に王城メソッドの原型が研究されていた訳です(笑)米国糖尿病学会では、随分前から運動療法に筋トレ...

続きを読む

高齢男性における就寝前のタンパク質摂取は夜間のタンパク質合成が増加する

ちはっす。最近、割と高齢者向けの記事が多いのですが、今回も高齢者向けの記事とは言え、若者でも活用できると思います(たぶん。)ブログのテーマ上、読者層は中高年~高齢の方が多いので、こういう話題が多いのです。個人的には、若年女性層の読者が増えて欲しいのですが、ほとんど皆無ではないかと思われます(笑)で、今回は 米国栄養学会の学術誌である Journal of Nutrition に掲載された論文を紹介します。Protein Ingesti...

続きを読む

糖尿病患者、とりわけ女性高齢患者は、加齢により急激に筋肉が減少する

ちはっす。糖尿病になると、筋肉も筋力も減少します。特に、下肢の筋肉や筋力がより減少します。以前の記事、健常者と糖尿病患者の違いは何か?で、紹介しましたが、筋肉と筋力の減少に呼応して、下肢の筋肉による血糖の吸収は衰えます。糖尿病患者の場合、そもそもインスリン抵抗性やインスリン分泌不全がある上に、糖を吸収するはずの筋肉までもが減少してしまいニッチもサッチも行かなくなります。更に慢性的な高血糖になると、...

続きを読む

全米で総合第1位のベスト・ダイエット食と糖尿病部門第1位の食事とは?

ちはっす。さて、今年もやって参りました。US News & World Repport が発表するベスト・ダイエット・ランキングです。心臓疾患や糖尿病、減量の研究者、栄養士、食事コンサルタント、医師等による総合評価で決まります。ちなみに、昨年は↓のような結果になっています。そろそろ高血圧も何とかしてみないか?なんと、今年は、DASH食と地中海食が同率1位という激戦になりました。Best Diets Overallとは言え、地中海食というのも、赤...

続きを読む

食後高血糖にならない食事のタイミング

ちはっす。前々回の記事、健常者と糖尿病患者の違いは何か?の続きで、食後高血糖に成り易い痩せ型糖尿病の人、あるいは糖尿病の罹病期間が長い人等を対象に、食後高血糖を回避する方法をご紹介したいと思います。(もちろん、肥満型糖尿病の人が行っても回避できます。)最初に断っておかねばならないことは、手軽で簡単にできる魔法のような方法はありません。糖尿病治療に奇跡は起こらないのです。やったことが結果になり、やら...

続きを読む

職場のいじめと暴力は2型糖尿病発症の危険因子となる

ちはっす。欧州糖尿病学会が発行する Diabetologia の最新号に面白い記事が掲載されていました。Workplace bullying and violence as risk factors for type 2 diabetes: a multicohort study and meta-analysisこれは、デンマーク、スウェーデン、フィンランドの40歳から65歳の男女、45,905人を調査した結果、職場でのいじめや暴力を受けた人は、2型糖尿病を発症する高い傾向があった、というものです。やはり、上司に扇子でハゲ...

続きを読む