FC2ブログ

47歳・親父は空腹時血糖値308 HbA1c 16.6 から4カ月で HbA1c 6.1 へ!

20171122.jpg



ちはっす。

メールを頂きました。


このメールが送信できる日が来る事を夢見て日々精進してまいりました!

今年の8月5日に町の健康診断を受診した数日後、町の健康つくり課から直接電話が有り
「健康診断について大至急お伝えしなければならない事項があるので、役場までお越しください。」
と言われ、何事かと急いで役場を訪ねると
「空腹血糖が308でHba1cが16.6で糖尿病と思われるので、指定の医療機関を受診して下さい。」
と言われました・・・

その後8月12日に糖尿病科を受診して糖尿病の確定診断が出ました。
まさか自分が・・・とは思いましたが、今年に入ってから多飲多尿で夜も眠れない状況が続いており、食べても食べても体重が減るという症状を医師に訴えるとやはり糖尿病によるケトーシスとの事でした・・・
受診当日からグラルギン12単位とジャヌビアが処方され、その日のうちに口渇や多尿の症状は全く無くなりました。

そこからインターネットで糖尿病関連の情報を調べるとやはり出てくるのは糖毒教の話ばかり・・・そしてお隣さんが糖毒教の熱狂的な信者であったことから最初は1日120g程度まで糖質摂取量を抑えた食事に切り替えました。

しかし、お隣さんに勧められて読んだもやし教祖の本を読んでいると腑に落ちない点が多々あり、いまいち糖質制限には踏み込めずにおりました。

しかし、そんな私の態度を見かねた妻が隣県の糖質制限を推奨している医者へ話を聞きに行こうと言い出し渋々行ってきました・・・
K県のTという整形外科の院長に会うと、私の検査結果を見て
「これは一生豆腐、卵、刺身だけしか食べられませんね・・・。」
と言われました。
(おいおい、油摂れって話が無いじゃないか・・・と突っ込みたくなりましたが、その後も油の話は無く・・・)
妻が
「しばらくその生活を続けたら食べられるようになるのではないですか?」
と問うと
「無理です。これは体質なので一生糖質抜きの生活しかありません。」
との事でした。
妻は数値が安定するまで糖質制限を続ければ普通の食事ができると思っていたようで・・・さすがに妻もこの怪しげな自称糖質制限で糖尿病が改善したと言う見た目ひょうたんデブの整形外科医の話にショックを受けておりました・・・

そんな帰り道、私は密かに糖尿病に関する資料をインターネットで読み漁っていた時に、β細胞は何故増えないのかという疑問にぶち当たり「β細胞 再生」と検索した時に、王城さんのブログが検索結果の一番上に出てきて、それを少し読み込んでおり、
「こんなブログがあんねんけど・・・。」
と妻に紹介しました。
家に帰り妻がじっくりと王城さんのブログを読んで
「これが一番ええんちゃうの?!」
とノリノリに(笑)

そこからすぐに可変式45kgのバーベルセットとプロテイン(今はTシャツ販売となっている幻のサイトで(笑))を購入して自宅での筋トレ生活が始まりました。

食事は最初の2か月は1,800kcal、飽和脂肪酸を摂取しない為に豚肉、牛肉、加工肉は一切食べず、3食サラダに朝食は妻が焼いた全粒粉パン(血糖値が下がってきてからは白米+もち麦)、昼は全粒シリアル+無脂肪牛乳、夜は玄米を食べました。
糖質は1日で150g程度を目安に摂取し、血糖値を見ながら徐々に増やしていきました。(現在は250~300g)

この食事に関しては担当医からは2,000kcalで糖質300g以上、その他食事制限は無しとの指導でしたが、そこは担当医に上記内容を報告した上で了承を得て続けました。
運動に関しても、農家なのでそこまでの筋トレは不要で食後の軽い運動を勧められましたが、こちらも担当医に高強度筋トレのみを行うと宣言して了承して頂きました。

そこからのHbA1cは
8/26・・・14.4(この時は糖質制限中)
9/7・・・12.5(これ以降は王城メソッド)
10/7・・・9.7
11/4・・・6.9
12/16・・・6.1
と劇的に改善しました。

現在ランタスXRを10単位とジャヌビアを処方されておりますが、ランタスXRも現在の針の手持ちが無くなり次第終了しても構わないとのお墨付きも頂きました。(年内で終了です)

役場の担当者も毎月診察日の翌日に治療状況を電話で確認してくるのですが、あまりにも劇的に変化しているので毎回驚かれており、王城メソッドの説明を毎回していると、かなり興味深々のようです。
よほどうちの町の糖尿病患者は好転しない人が多い現状がこの電話でうかがい知る事ができる気がします。

OGTTに関してはまだ若干不安がある為、しばらくしてから受けてみようかと思いますが、最終目標はOGTTも問題なくクリアすることです。

このまま健康を維持する為にも私が最強と信じているDASH食+王城メソッドを続けていきたいと思います。

この劇的な結果に導いて下さった王城さんには大変感謝しております!
本当にありがとうございます!
そしてこれからも宜しくお願い致します。



素晴らしい!

と言いますか、HbA1c 16.6 て(笑)
凄すぎます。

私が糖尿病発症の時HbA1cは9.5だったのですが、食べたものは戻すし、立ってられないぐらいしんどいし、死にそうでしたよ。
よく生きてられましたね(笑)

このまま行けば、来月にはHbA1cは更に下がっていると思います。

メールでも言及されていますが、DASH食によるカロリー制限というのは、糖尿病治療の食事療法の中では最強のものです。
これは、WHOを始め、米国糖尿病学会や欧州糖尿病学会、英国栄養士協会等、世界各国でも同じように勧められている食事法です。

また、米国・国立心肺血液研究所では、高血圧の予防と治療に推奨しており、尿酸値の低下と痛風リスクを抑えるという論文もあります。

そろそろ高血圧も何とかしてみないか?

つまり、高血糖、高血圧、高尿酸値という、グータラ親父の3高にまとめて対処できる食事法です。

正しい食事と正しい運動

これさえできていれば、ブログで能書き垂れる前に、糖尿病など治せます。


糖尿病食事療法なら全粒穀物!【まずは Amazon で買える玄米】


何か押してけ!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

o-Method
2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。

MonsterFactory8.png
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。

Theme: 糖尿病 | Genre: 心と身体

コメント

早速の掲載ありがとうございます!

早速記事にしていただきましてありがとうございます。

流石にHbA1c16.6は担当医も久々に見たと言っていました・・・

ちなみに糖尿病科の初受信日に血糖値簡易計測機の取扱い説明を受けた時に実際に計測してみたら、食後2時間で510でした。

担当医曰く、私の場合、夏場の多飲多尿症状が出た時にスポーツドリンクではなく水だけを飲んでいたのが不幸中の幸いだと言っておりました。
スポーツドリンクを飲んでいたら更に症状が進行していたらしいです…

それと、担当医が体組織計の測定結果を見た際に
「あなたの場合、糖尿病発症後に筋肉量がかなり落ちたはずだけど、これだけの筋肉量が残っているのであれば、早ければ3~4か月くらいあればインスリンは止められるかもしれない。」
と言っていた事でかなり前向きになれた事が大きかったです。(王城さんのブログに出会う前の話ですが・・・)

王城さんのブログを見てからの筋トレでもう一つ役立ったのが・・・父が亡くなった時に実家から冗談半分で引き取ってきた亡き父の遺品であるマルチホームジムが埃を被っていながらも我が家にあった事です。

最初はマルチホームジムと45kgのダンベル・バーベルセットで筋トレしていましたが、今では流石に45kgのダンベル・バーベルセットでは足の筋トレの際に重量が足らず、足の筋トレの日だけ隣の市の市民体育館のトレーニング機器を使いに行っており、レッグプレスは140kgまで上がるようになりました!

これからも更に鍛えてHbA1c5%台、そしてOGTTクリアを目指します!

2017/12/19 (Tue) 20:12 | いちご屋 #O5sb3PEA | URL | 編集
Re: 早速の掲載ありがとうございます!

いちご屋さん、こんちは。

この上は、町役場で王城メソッドのトレーナーになり、町から糖尿病を撲滅して下さい。

その節には、私を町に招待して頂き、役場の経費で接待して欲しいと思います(笑)

2017/12/22 (Fri) 18:44 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する