FC2ブログ

肥満の連鎖 【ヒトは一旦太ると益々太るという悪循環になる】

20180410.jpg



ちはっす。

毎年暖かくなると、巷のスポーツジムでは新規トドの入会ラッシュに沸きます。
しかし、私は、スポーツジムのプールで水浴びするトドが、ついぞ痩せた!という光景をいまだかつて見たことがありません。

それはそれで春の風物詩みたいなもの、と思っていたのですが、たまたまCell Reports の記事を読んでいたら、そこには驚くべき理由があったのです。

Obesity Drives Th17 Cell Differentiation by Inducing the Lipid Metabolic Kinase, ACC1


肥満、とりわけ内臓脂肪の蓄積を伴う肥満の特徴として、脂肪組織で慢性炎症が生じ、糖尿病や動脈硬化などの心血管疾患の一因となります。
更には、自己免疫疾患、喘息、がんといった免疫細胞と関係の深い疾患の発症リスクが高まることも明らかになっています。

この論文は、肥満によって何故炎症性疾患のリスクが高まるのか?そのメカニズムを解明したものです。

で、そのメカニズムが解ると、一旦太り出したデブは益々太って行くメカニズムも解りますし、デブが痩せるにはどうすればいいのか?ということも解ります。

この記事を読んだ皆さんは、もはや毎年のように現れては消えて行くインチキダイエットに騙されることもありませんし、何とか水なんていうヘンテコリンな水を飲む必要もありません(笑)


肥満と慢性炎症は相互に連携しており、免疫システムと代謝システムを担う細胞の相互作用により肥満による関連疾患(例えば糖尿病等)の病態が悪化します。

この研究は、肥満環境下にあるTh細胞は遺伝子レベルで変化があるのではないか?という仮説を立て、マウスとヒトで検証を行ったところ、肥満環境下のCD4陽性ヘルパーT(Th)細胞に脂肪酸代謝の律速酵素注であるACC1が高発現していることを発見しました。

増加したACC1は脂肪酸合成経路を活性化し、Th17細胞のマスター転写因子であるRORγtの機能をコントロールすることで、Th17細胞分化を誘導し、益々Th細胞とACC1が増加 → Th17細胞誘導性の自己免疫疾患を増悪化、という悪循環になります。


何のこっちゃよく解らないと思いますので、順番に説明します(笑)

Th細胞というのは、ヘルパーT細胞の一種で、免疫システムを司る重要な細胞です。
以前の記事において、ヘルパーT細胞がどんなことをやっているのか?ということを世界一解り易く説明していますので、参照下さい。

風邪をひいた時の対処法


で、肥満環境下では、このTh細胞に脂肪酸代謝の律速酵素注であるACC1が高発現します。
ACC1というのは、アセチル-CoAカルボキシラーゼの一種です。
アセチル-CoAカルボキシラーゼについても以前の記事で説明していますので、参照下さい。

脂肪だけを減らすダイエット方法を世界一解り易く解説する

2型糖尿病治療薬メトホルミンは、ガン細胞内の制御性T細胞の増殖を抑制する


要するに、ACCというのは、脂肪酸合成のための最も重要な酵素、逆に言えば、ACCがないと脂肪酸合成は上手く回らないのです。
しかも、Th細胞で増加したACCは、Th細胞の転写因子の機能をコントロールしてTh細胞の分化を促進し、益々Th細胞とACCを増加させ、増加したACCは益々脂肪酸を合成と、デブのスパイラル構造になっています(笑)

つまり、デブは慢性炎症が悪化しながら益々デブになって行く、ということなのです。


論文は、ACC1を創薬ターゲットとすることで、将来的に肥満関連疾患の治療開発に役立つことが期待されます、と結んでいます。

とは言え、それだと将来のデブは期待が持てますが、今のデブはどうすればいいのでしょうか?(笑)

ご安心下さい。
現代科学では、既に答えがあります。

ACCというのは、AMPK(AMP活性化プロテインキナーゼ)で阻害できるのです。
つまり、カロリー制限と運動で、一気にATPを消費して行けば、体内のAMPKは一気に増加するので、すべては解決できます。

しかし、グータラのデブにはそれができないから苦労してるんですが、

そんなこと知らん(笑)


糖尿病食事療法なら全粒穀物!【まずは Amazon で買える玄米】


何か押してけ!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

o-Method
2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。

MonsterFactory8.png
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。

コメント

改善しました。

 王城さん、おひさしぶりです。
昨年、2型糖尿病と診断され失意のどん底でいましたが、王城さんのブログに出会い、筋トレを開始し現在の検査結果がHbA1c5.4(一年前は6.4)、空腹時血糖が104(一年前は112)と改善され数値でみると、もはや何も異常がないとこにきました。(空腹時血糖が高めですが・・)
 今年2月に腰椎椎間板ヘルニアを再発し、しばらくトレーニングできなかったのに、この数値は感度です。しかも、痛みでかなり酒を呑んだくれてました。
 いま、血圧が高くなってしまったので、王城さんのブログにたしか血圧も書いてあったので、読んで実践しようと思います。
 ベンチプレスも100キロ上がるようになり、レックマシーンも280キロでトレーニングしています。日々トレーニングが楽しくて仕方ないです。糖質カルトに陥らなくて本当によかったです。モヤシ何かになりたくないです。
 
今後も2型糖尿病を発症したグータラデブの救世主になってください。
可能であれば、よい血圧の下げ方をブログにあげていただければ嬉しいです。

2018/04/16 (Mon) 10:52 | グーペー #dJ/Qz7go | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する